為替リスクを味方に!GMOクリック証券で株価指数CFD積立

株価指数CFD

2021年3月でくりっく株365が上場廃止となることが決まりました。

その引っ越し先としてGMOクリック証券の店頭CFDを選択する人は多いと思います。

基本的な特徴はくりっく株365と同様ですが、一番大きな違いは為替変動の影響を受けるという点になります。

今回はこの点を中心に、GMOクリック証券の店頭CFDについて、積立投資に適しているかを見ていきたいと思います。

為替リスクがあるからとちょっと難しいのではないかと思われがちなこの商品、実は為替リスクがあるからこそ積立投資に向いているのです。

さらに、配当(価格調整額)が取引余力に反映されないため決済しないと再投資できないと思っている方も多いようですが、ロスカットレートには反映されています。

そのため任意証拠金を減らして新しいCFDの購入資金にまわすことで課税されずに配当を再投資することが可能です。

スポンサーリンク

GMOクリック証券とくりっく株365の比較

為替の影響を受ける以外、基本的に大きな違いはありません。

FTSE100の株価指数CFDに投資する場合の比較表は以下の通りです。

GMOクリック証券の方が有利と思われるところを赤字にしていますが、リスクを抑えた長期の積立という観点であればほとんど変わりはありません。

一番大事な利回りはほぼ一緒です。

ですが、GMOクリック証券の方が少額から始められるため、ハードルは低いと思います。

リーマンショック級の下落に耐えられる(3割下落してもロスカットされない)水準で考えると、くりっく株365は最低でも25万円から、GMOクリック証券は4万円からとなります。
くりっく株365GMOクリック証券
売買手数料ありなし
ロスカットライン証拠金維持率50%~100%証拠金維持率100%(※解説参照)
為替影響受けない受ける
配当ありあり(価格調整額として)
レバレッジ最大30倍程度最大10倍程度
スプレッド(買と売の価格差)広い狭い
取引単位1枚0.1枚
1枚の価格(2019年5月末)716,171円97,979円
配当金(2018年、金利含む)22,216円3,711円
利回り(レバレッジ1倍)3.1% (716,171÷22,216)3.8%(3,711÷97,979)
※解説

GMOクリック証券では、「現金残高+評価損益」が口座の必要証拠金(取引金額の10%)以下になると、追証が発生し、翌営業日中に追加の証拠金を差し入れないとすべての取引が強制決済されます。

一方、約定(玉)ごとにロスカット幅が設定されていて、それ以上価格が下落するとそのポジションだけがロスカット(損切り)されます。

ロスカット幅は毎週更新されていますが、概ねその時点の価格の5%(概ね証拠金が半分毀損する下落幅)となっています。

くりっく株365では証券会社毎にロスカットとなる証拠金維持率の水準が変わりますが、GMOクリック証券の株価指数CFDにおける口座単位のロスカットライン(要追証ライン)は証拠金維持率100%となります。

もともとこのブログで実績を紹介していた投資の設計は、証拠金維持率が100%を切らない前提としていましたので、そのような運用であればどちらでも同じです。

また、GMOクリック証券では自分でロスカットのラインを設定することができ、そのラインを割ったら自動的に決済(損切)させることができます。

通常のロスカットでは全CFDが決済されてしまいますが、独自のロスカットであればそのCFDだけを決済させることができるので、標準のロスカットラインより厳しいライン(証拠金維持率120%等)でリスク管理を行うことができます。(後述するセーフティバルブシステム)

証拠金の積み方

くりっく株365では口座で持っている株価指数CFDの枚数に応じて必要証拠金が決まり、受入証拠金が「必要証拠金×ロスカット率」を下回るとロスカットとなっていました。

くりっく株365のCFDを5枚持っている場合

必要証拠金=2,6000円×5枚=130,000円
受入証拠金=現金残高+評価損益+配当
ロスカット率=70%
ロスカット水準=必要証拠金×ロスカット率=91,000円

つまり、
現金残高+評価損益+配当 < 91,000円
となった時ロスカットとなります。

一方、GMOクリック証券の株価指数CFDでは、以下の2つのロスカットが存在します。

約定単位のロスカット(セーフティバルブシステム)

こちらについては、くりっく株365ではなかった考え方になります。

約定を行う際に、ロスカットレートが自動的に設定され、CFDの価格がそれ以下になるとロスカットとなり強制決済されます。

標準のロスカットレートはその時点のCFD価格の5%下落したラインとなります。

FTSE100の株価指数CFDを7,500で約定した場合、
ロスカットレート=7,500 - 7,500×0.05=7,125
となります。(下線部がロスカット幅)

このロスカットレートは、任意証拠金を積むことで変更することができます。

計算式は以下の通りです。

変更後ロスカットレート=現在のロスカットレート − 新たに割り当てる任意証拠金額÷建玉数÷売買単位÷コンバージョンレート

具体的に計算してみましょう。

先ほどの例ですと、現在のロスカットレートは7,125となっています。

そこに追加で2万円の任意証拠金を割り当てた場合、その時のコンバージョンレート(GBP/JPYの為替レート)が140だったとすると、建玉数は約定したCFDの枚数なので1枚、売買単位は0.1となるので、

変更後のロスカットレート=7,125 - 2,0000÷1÷0.1÷140=7,125 - 1429=5,696

となり、CFD価格が5,696を下回るまではロスカットされないことになります。

なお、ロスカットレートはその約定で発生している配当(価格調整額)も考慮されているため、任意証拠金の額を変えなければ、配当が積み上がるに従って下がっていきます。

口座単位のロスカット(追証)

こちらについてはくりっく株365のロスカットと考え方は同じです。

口座全体の証拠金維持率が100%を下回った場合、翌営業日中に追証として証拠金の追加を行わないと強制的に決済されてしまいます。

必要証拠金は取引額の10%になるので、時価評価総額がそれを下回るとロスカットとなります。

時価評価額は「口座残高(現金残高+CFDの既決済評価損益+既決済配当)+評価損益(CFDの未決済評価損益+未決済配当)」となります。

分かりやすく言うと、「証拠金と余分な現金と価格差による評価損益と配当」の合計です。

FTSE100の株価指数CFDを7,500で約定した場合、GBP/JPYを140とすると、
必要証拠金=7,500×140×0.1×10%=10,500円
となります。

その後、時間が経ってこの取引が

証拠金30,000円
未決済配当3,000円
FTSE1007,300
GBP/JPY130

となった場合、
時価評価総額=30,000+7,300×130×0.1ー7,500×140×0.1+3,000
=22,900円
となるため、必要証拠金である10,500円を上回っているためロスカットにはなりません。(下線部は評価損益)

一方、仮に証拠金を最低限の10,500円しか積んでいなかった場合は時価評価損額が3,400円となり、ロスカットになってしまいます。

店頭CFDの配当

配当と呼んでいる人も多いですが、正しくは価格調整額を指します。

詳しくはGMOクリック証券のWebページに説明があります。

その記載のとおり、実は配当ではなく、期近の先物から期先の先物へ乗り換えるときの価格調整でしかありません。

ですが、以下の前提で考えると実質配当をもらえるとのほぼ同じ意味合いとなります。

  • 先物は配当をもらえないので、その日から限月(乗り換えタイミング)までの配当分、現物より安い。
  • 乗り換えタイミングでは、期近の先物は限月までの配当が存在しないため現物と同じ価格になる。
  • そのため、期先の先物価格は期近の先物価格より、次の先物期間における配当分安い。
  • その価格差が価格調整額として受け取れる

ちょっと難しいですね…

絵にすると以下のような感じです。(分かりやすさのために現物価格は固定)

配当相当額がもらえると思ってもらって問題はないのですが、実はこのような理由で結果的に一致しているのです。

配当金(価格調整額)の再投資

前述した約定単位のロスカットについてですが、ロスカットレートは配当が発生すると見直されて下がるため、その分任意証拠金を下げることができます。

そのため、配当が発生した際にその分だけ任意証拠金を下げ、そのお金を新しいCFDの投資にまわすことで、レバレッジに応じて5~10年間くらいの期間ではありますが、くりっく株365と同様に課税されることなく配当を再投資に回すことが可能です。

配当の都度、各約定の任意証拠金を下げる手間はありますが、課税を先送りして複利効果を最大化するためです、3か月に1度の作業ですので、がんばることとしましょう。

詳しくは以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

課税を先送りして最大限の複利効果を!GMOクリック証券の株価指数CFD
株価指数CFD関連記事のもくじはこちら。くりっく株365の上場廃止に伴い、多くの人からその代替として選ばれているGMOクリック証券の店頭CFDですが、やはりくりっく株365との違いはあります。以下の記事で違いについて説明していますが...

為替リスクとは

為替リスクがあるとは具体的にどういうことでしょうか。

GMOクリック証券とくりっく株365では、それぞれ以下のようにCFDの価格が決められています。

GMOクリック証券株価指数×為替レート×0.1円
くりっく株365株価指数×100円

例えば、FTSE100が7,500、GBP/JPYが140とすると、

GMOクリック証券では105,000円、くりっく株365では750,000円となります。

そのため、為替レートが変動すると価格も変動するため、株価が変わらなくても為替が動けば得したり損したりする訳です。

つまり、GMOクリック証券の店頭CFDは株式のリスクと為替のリスク両方を併せ持った商品ということになります。

積立投資による為替リスクの軽減

長期に積み立てることは、株価が高騰しているときの高値掴みのリスクを避けることが大きなメリットでした。

これは為替に対しても同様で、時間的に投資タイミングが分散することで、株価においても、為替においても高値掴みを避けることが可能です。

株式のリスクと為替のリスク

大抵の説明はここまでで終わっていると思うのですが、ふたつのリスクを持っているからにはその両方を見て、積立に適切かどうかを判断しなければなりません。

実際にFTSE100とGBP/JPYの動きを見てみましょう。

ぱっと見た感じ、逆に動いているように見えませんか?

そこまできれいにではありませんが、FTSE100が上昇しているときには、GBP/JPYは下落している(円高になっている)ように見えますね。

これを変化率で見てみます。

直近1年分のデータですが、こうやって見ると逆に動いているところが多いように見えます。

これはイギリスが日本と同様に輸出産業が強いため、ポンド安(円高)になればその企業の株価が上がることに起因しています。

つまり、株のリスクと為替のリスクはお互いを打ち消す方向に作用していると言えます。

これは価格上昇による利益を得ようとする場合には扱いが難しくなるのですが、配当目的であればかなりの好条件と言えます。

株価で損をしても為替がそれを救い、為替で損をしても株価がそれを救ってくれます。

結果として評価損益はあまり動かず、安定したポジションのもとに配当を得ることができます。

もともと配当目的の積立は価格差により利益ではなく、以下にロスカットされずに配当を得続けることができるかが重要なので、この為替リスクは非常にウェルカムなのです。

もちろん1日単位では同じ方向に動いていくこともありますし、これからBrexitなどの過去にないイベントも控えていますので、この通りにいくかは分かりません。

ですので、ひとつの指針として投資の前提に織り込み、そこからずれてきたら考え直すようにしっかりとウォッチしていきましょう。

注意点!

「FTSE100が下落して評価益が小さくなっても為替はポンド高(円安)になって相殺してくれる」のはその通りなのですが、評価損状態の時は逆に働いてしまいます。

そのため、短期的に見るとよいとも悪いとも言えません。

ですが、長期的にFTSE100は成長していくという前提に立って積み立てているので、長期的には評価益をキープできているはずで、為替によりさらに安定すると考えています。

だかこそ長期の積立投資の味方として紹介しています。

上記の前提は一般論で、もちろん過去にはそうでない動きをしている場合も多いです。

以下の記事で、過去の実績からシミュレーションした結果を説明しているので、興味があれば参考にしてもらえればと思います。(かなりマニアックな内容ですが…)

敵か味方か!?株価指数CFD(GMOクリック証券)の為替リスク
株価指数CFD関連記事のもくじはこちら。 くりっく株365の上場廃止に伴い、多くの人からその代替として選ばれているGMOクリック証券の店頭CFDですが、一番の違いは為替リスクが存在することです。 以前書いた記事では、為替リスクは...

おわりに

以上のことから、株価指数CFDについては、積立投資という観点でくりっく株365よりもGMOクリック証券の方が向いていると考えています。

元々はくりっく株365とGMOクリック証券の両方で積立をはじめたのですが、くりっく株365の方がシンプルで分かりやすいというメリットもあり、そちらだけを継続しました。(金銭的に両方は辛かったというのもありますが…)

くりっく株365で数年実績を積み上げたおかげで分かったことは多く、その実績をベースにGMOクリック証券の店頭CFDでも問題ないという結論に至りました。

後はどのタイミングで移管するかだけです。

くりっく株365はタイミングを見計らって決済していきますが、当面GMOクリック証券の店頭CFDは定期的に積み立てるだけにしたいと思います。

その後、くりっく株365で決済した際の価格より店頭CFDの方が安くなれば、そのタイミングで全額投資予定です。

くりっく株365の出口戦略も大事なので、以前書いた記事を参考にしてもらえればと思います。

株価指数CFD(くりっく株365)が上場廃止、取るべき対応は
株価指数CFD関連記事のもくじはこちら。タイトルの通りですが、株価指数CFD(くりっく株365)が上場廃止になるというニュースがありました。私を含め、長期保有前提で積み立てていた人にとっては寝耳に水だったと思います。上場廃止時期...

ここぞというタイミングですぐに乗り換えられるように、GMOクリック証券の口座開設だけは済ませておきましょう。

他の商品と同様、口座開設は無料です。

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券のCFD用スマホアプリも準備されており、かなり使い勝手は良いです。

早くくりっく株365から切り替えていきたいという方も多いと思いますが、上場廃止まで1年半ありますので、焦らずにしっかりと店頭CFDの特徴を抑えていきましょう。

コメント