いつでもどこでも何ででも、Google Keepで快適なメモライフを

その他

ブログを運営していると、日ごろのふとした気付きを記事にしようと思う機会も多いのではないでしょうか。

そんな時はスマホでメモを取ると思うのですが、今回はそのためのツール、Google Keepの紹介です。

言わずと知れたGoogleのメモサービスで、Googleのアカウントを持っていれば誰でも使用可能です。

iPhoneであればiCloudと連携した標準アプリのメモを使っている人も多いますが、Google Keepを利用する事で、端末やブラウザを問わず、Gmailとも連携した便利なメモ機能を使うことができます。

スポンサーリンク

Google Keepの機能

テキストメモ

最も基本的な機能で、かつ一番利用されるものだと思います。

テキストメモに限らず、様々な形のメモを、それぞれ付箋として貼っていくイメージです。

音声メモ

スマホのアプリであれば、さくっと音声メモを取ることも可能です。

なお、ブラウザで音声メモを作成することはできませんが、再生は可能です。

録音+文字起こしをしてくれるため、仮にうまく認識してくれなかったとしても、自分でもう一度聞き直すことも可能です。

手書きメモ

スマホアプリ、ブラウザ版ともに手書きメモに対応しています。

蛍光ペンやサインペン、トリミング、格子の表示など、一通りの機能は揃っています。

チェックリスト

チェックリスト形式のメモを作成し、ToDoリストなどとして利用できます。

リマインダー

メモと一緒にリマインダーを設定でき、指定した時間にリマインドを表示することができます。

また、時間だけではなく、場所を指定したリマインダーの作成も可能で、「最寄駅についたら買い物忘れていないかのリマインダーを出す」という使い方も可能です。

画像メモ

もちろん画像によるメモも可能です。

その場で写真を撮って記録することも、手元にある写真を張り付けることも可能です。

Google Keepの特徴

Google Keepのメモ機能については、一通りの機能が揃っていて、不便に感じることはまずないと思います。

次に、メモ以外の特徴についてみていきたいと思います。

端末やOSを選ばない

Google Keepをおすすめする大きな理由の一つがこれです。

WindowsでもMacでも、iPhoneでもAndroid端末でも、ブラウザでもアプリでも、Internet ExplorerでもGoogle Chromeでも、Googleアカウントさえ持っていれば、すべての環境でデータを共有して使用することができます。

ブログのネタなんかですと、スマホアプリでメモして、ブログを書くときにパソコンのブラウザで表示して使うなんてことが多いのではないでしょうか。

端末やOSを選ばず、アプリでもブラウザでも使えるというのは非常に使い勝手が良いです。

セキュリティも万全

もちろんGoogleアカウントで利用するサービスのひとつですので、適切に扱えばセキュリティもばっちりです。

二段階認証にしておけば完璧と言っても良いでしょう。

もしGoogleアカウントで二段階認証を使用していない人は、ぜひ使用することをお勧めします。これのあるなしで、セキュリティレベルに天と地ほどの差が出てしまいます!

ラベルに色を付けて分類可能

特に珍しい機能ではありませんが、メモに色を付けて分類しておくことができます。

まさに付箋そのものですね。

使い終わったメモも管理可能

不要になったメモは削除しても良いのですが、アーカイブ化することで、メモのトップ画面には表示させず、別のフォルダに残しておくことが可能です。

もちろん削除もできますが、後から見返そうと思うこともあるかもしれません。

そんな時に、メモ自体はすっきりさせつつ、アーカイブとして簡単に残せておけるのはとても便利です。

他のGoogleサービスと連携可能

例えば、リマインダーであればそのままGoogleカレンダーにも反映されます。

また、メモの内容を簡単にGoogleドキュメントに取り込むこともできます。

Gmailも含め、すべてのサービスがGoogleアカウントひとつで、しかも無料で使えるというのは本当に驚きです…

おわりに

今回はGoogle Keepの紹介でした。

「メモの魔力」が話題になったので書いたわけではありません、むしろ買ったもののまだ読めていません…

メモアプリは様々なものがありますが、Google Keepは、仕事でもプライベートでも、ブログのネタ記録にでも、様々な用途で使える万能のメモ帳だと思っています。

無料で使える手軽さもありますし、もしちょうど良いメモアプリがないと思っている人や、メモアプリをそもそも使っていないという人がいれば、ぜひ使ってみてください。

コメント