LINE証券のはじめかた|たったの5分で登録完了

資産運用全般

LINEと野村ホールディングスが協力してはじめた新サービスのLINE証券。

2019年8月20日からAndroid端末、そして2019年8月26日からiPhoneでサービスがはじまりました。

この記事ではLINE証券のはじめかたを紹介したいと思います。

メッセージアプリのLINEの延長線上で手軽に投資をできるようにというコンセプト通り、あっという間に登録完了してしまいます。

スポンサーリンク

事前に準備するもの

以下のどちらかの証明書を用意しましょう。

一枚で済むマイナンバーカードがおすすめですが、作っていない人もいると思うので、その場合はマイ難波通知カードと免許証の組み合わせで行きましょう。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード&免許証

マイナンバーカードを作っていない人はこちらの記事を参考にしてみて、気になったら作ってみてください!

本当に必要?便利?マイナンバーカードを作ってみた
交付が始まったものの、いまいち必要性の分からないマイナンバーカード。 なんだかんだで1か月くらいかかりましたが、ようやく作成することができました。 せっかく作ったので、作成の手順やメリットについて紹介をしたいと思います。 マイ...

LINE証券登録の手順

それでは早速登録してみましょう。

  1. LINEを起動する。
  2. ウォレットを選択して一覧にある「証券」をタップする。
  3. はじめるをタップする。
  4. 口座開設をタップする。
  5. はじめるをタップする。
  6. 各規約を読んでそれぞれにチェックを入れてOKをタップする。
  7. 確認事項に回答します。
  8. 確定申告の方法を選択します。自身で確定申告したいという場合でなければ「LINE証券に任せる」で問題ありません。
  9. 本人情報入力へ進みます。
  10. 各項目を埋めていきます。LINE Payなどで個人情報を入力していればほとんど最初から埋まった状態になっています。
  11. 下まですべて埋めたら「入力内容を確認する」をタップします。
  12. 電話番号を入力します。
  13. SNSが飛んでくるので、そこに記載されているコードを入力してOKをタップします。
  14. 投資の方針を入力します。株主優待や積立投資が目的の場合は安定運用、少額だからいろいろ遊んでみたいという人は積極運用で良いと思います。
  15. 準備した本人書類を選択します。(ここではマイナンバーカードでいきます)
  16. マイナンバーを入力します。
  17. マイナンバーカードの表と裏の写真をそれぞれ撮影し、OKをタップします。
  18. これで口座開設申し込みは完了です。なにやらキャンペーンを用意している模様?
    ホームへ戻るをタップします。
  19. ホーム画面には審査中の旨が表示されます。
  20. 友達にLINE証券が追加され、そこでメッセージが確認できます。
  21. はがきが郵送されてくるのを待ちます。(3日くらいで届きます)
  22. はがきのQRコードをスマホで読み取ります。
  23. 口座開設完了の画面が表示されます。引き続き取引開始の手続きになります。
  24. 株式投資の経験について回答します。
  25. 投資信託の投資経験について回答します。
  26. 年収について回答します。
  27. 金融資産額について回答します。
  28. 取引のきっかけについて回答します。
  29. 職業について回答します。
  30. 役員等に該当しているかを回答します。
  31. 取引の暗証番号を設定します。
  32. 取引の都度暗証番号を入力するかを決定します。ONにしておきましょう。
  33. 完了画面が表示されます。
  34. 以上で登録作業は完了です。

おわりに

わざわざこの記事で手順を紹介する必要があるのか…というくらい簡単な手続きでした。

わずか5分程度で終了です。

はがきを受け取ってからの作業は受け取り次第更新しますが、他の証券会社と同様、受け取ることで住所確認が完了し、すぐに取引ができるようになるのだと思います。

LINE証券のメリットについては以下の記事で紹介しているので参考にしてもらえればと思います。

LINE証券のメリットとデメリット
LINEと野村ホールディングスが協力してはじめた新サービスのLINE証券。2019年8月20日からAndroid端末、そして2019年8月26日からiPhoneでサービスがはじまりました。「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をキャッ...

まだまだはじまったばかりのサービスですが、他のLINEサービスやLINEポイントとの連携で、単純な投資以外のアピールポイントをどんどん追加していってもらえるとうれしいですね。

投資の仕方自体は他の証券会社、特にSBIネオモバイル証券と変わりはありません。

少額からはじめられるので、少しずつ積み立ててみたり、余っているLINEポイントで投資してみたりして、市場に触れてみましょう。

コメント