送金もAmazonもお得に!使って分かったKyashのすごさ

2019年2月3日から、KyashでモバイルSuicaをチャージした際のポイント還元がなくなりました。KyashはApple Payにも対応していないので、一気に使い勝手が悪くなってしまいました、残念です。

先日、Kyashを使ってSuicaをチャージするという内容の記事を書きましたが、今回はその続きの話になります。

Kyashを使ってモバイルSuicaをもっとお得に
2019年2月3日から、KyashでモバイルSuicaをチャージした際のポイント還元がなくなりました。KyashはApple Payにも対応していないので、一気に使い勝手が悪くなってしまいました、残念です。みなさんはKyashというアプリ...

前回はモバイルSuicaのチャージに対してポイントを付与していないクレジットカードでもポイントをゲットでき、さらにKyashのポイントもついて二度お得という内容でした。

KyashでモバイルSuicaをチャージしてもポイントが還元されなくなったため、唯一のメリットは、モバイルSuicaにチャージしてもポイントが還元されないクレジットカードでも還元を受けれるという点だけになりました。

残念ながら、その時点ではクレジットカードによるオートチャージ機能がメンテナンス中で利用できなかったため、オートチャージ自体はまだ使っていませんでした。

そのため、Kyashの特徴やアプリの使い勝手という話が中心となっていましたが、今回オートチャージ機能が復活したため、実際に使ってみて、さらに気づいたことがあったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Kyashのすごさ

ということでさっそくKyashのすごさの紹介です。

割り勘でみんなお得に

普段仲間と食事に行くと、誰かが支払いをしてそのあと精算という流れで、支払いをした人だけがクレジットカードのポイント還元を受けることになります。

これはこれで精算というめんどうな役割を担ってくれたお礼ということで構わないと思うのですが、Kyashを使うことで他の人もクレジットカードのポイント還元を受けることができます。

幹事が食事代をクレジットカードで払ってポイントをもらい、その他のメンバーはKyashで幹事に送金して支払いをすることで、送金時の金額がクレジットカードでオートチャージされ、ポイントを受け取ることができます。

送金した金額にKyashのポイントはつきませんが、送金時のオートチャージ分にはクレジットカードのポイントが付与されるのです。

クレジットカード会社によっては付与されないところもあるようですので、事前にサポートへ確認してみましょう。ちなみに私の使っているAmazonのクレジットカードは付与されています。

これにより、その場でも後日でも、簡単にキャッシュレスで、お得に食事の精算を行うことができます。

やっぱりSuicaが楽

Apple PayやGoogle Payの普及により、iDやQuicPayに対応したお店は増えています。

また、QRコード決済やnanacoやWAON、Edyなど様々なキャッシュレス決済の手段も徐々に広がっています。

ですが、やはり交通系ICカードによる決済が圧倒的なシェアを誇っています。

交通系ICカードであれば、JRでも地下鉄でも大抵は共通して決済に利用できます。

Suicaですと、駅ビルで利用するとさらにJREポイントまでつき、ポイントの三重取りになってしまいます。

そうなると、SuicaへのチャージでKyashとクレジットカードのポイントを二重取りできるKyashは非常にお得なツールといえます。

Amazonの買い物にもKyash

Amazonの買い物ですと、当然「Amazon Mastercardゴールド」がお得です。

実質年会費500円以下?Amazon Mastercardのメリット
タイトルのとおりですが、新しくAmazonのクレジットカードを作りました。 どのくらいお得なのか…はいろいろなところで記事になっているので、ここでは作成にあたっての注意点を書きたいと思います。 作った経緯 今まで使っていた...

ですが、その先入観を覆したのがKyashです。

「Amazon Mastercardゴールド」では、Amazonの買い物に2.5%のポイントが還元され、それ以外では1%の還元となります。

そのため、Kyashに「Amazon Mastercardゴールド」でチャージした場合は1%が付与されます。

そして、そのKyashを使ってAmazonで買い物をするとKyash上で2%のポイントが還元されるため、なんとAmazonの買い物で3%の還元を受けることができます。

もちろん制限もあって、Kyashは1回の決済が3万円までとなっているため、それ以上の買い物には使えません。

ですが、普段のちょっとした買い物であれば十分ではないでしょうか。

手動チャージも可能

アプリがアップデートされ、クレジットカードの登録については、オートチャージだけではなく、手動のチャージも可能になりました。

リアルカードを持っている場合、万が一落としたときが不安という人もいたかもしれませんが、これであらかじめチャージしておいた額以上には使えなくなるため、被害を最小限に抑えることができます。

Kyash利用時の注意点

クレジットカードの登録の仕方については前回の記事で軽く触れていますが、正直アプリのインタフェースが優秀で、説明なんてなくても簡単に使えてしまいます。

ですので、ここではちゃんと見ないと分からない注意点について書きたいと思います。

JCBブランドのカードは使えない

オートチャージ用に登録できるカードはVISAおよびMastercardのみとなるので注意が必要です。

基本的には普段メインで使っているクレジットカードを登録することになると思うので、対象になっているかを確認しておきましょう。

対応していなかった場合は、思い切って新しいカードを作るのもひとつの手です。

Amazonを良く使うのであればAmazonのカードがおすすめですし、楽天を良く使うのであれば楽天カードですね。

ネットショッピングが主流になりつつある今では、メインとして使っているプラットフォームでお得に使えるカードを作るのが便利で良いです。

私はAmazonユーザなので、Amazonのカードを作っています。以前、記事にまとめたので、興味がある方は参考にしてもらえればと思います。

実質年会費500円以下?Amazon Mastercardのメリット
タイトルのとおりですが、新しくAmazonのクレジットカードを作りました。 どのくらいお得なのか…はいろいろなところで記事になっているので、ここでは作成にあたっての注意点を書きたいと思います。 作った経緯 今まで使っていた...

限度額に制限がある

1回の利用、1日の利用、1か月間の利用それぞれに限度額があります。

バーチャルカードの場合は1回の利用が3万円までなので、大きな買い物には使えないので注意が必要です。

あくまで身内の飲み会などの精算、日ごろの買い物や電子マネーのチャージという用途で考えた方が無難です。

詳しくはKyash公式ページのこちらに記載されています。

Kyashそのものが使えない支払いもある

主にリアルカードの場合の話ですが、公共料金やネット費用など、定期的な支払にリアルカードを利用することはできません。

どちらかというとKyashは、クレジットカードというよりはオートチャージ機能のあるプリペイドカードだと思った方が良いです。

詳しくはKyash公式ページのこちらに記載されています。

ウォレットの中身は出金できない

クレジットカードによるオートチャージの場合は使った分だけがクレジットカードで引き落とされるので気にする必要はありませんが、事前にコンビニなどでチャージする場合は注意が必要です。

LINE Payなんかでは手数料を払えばウォレットの中身を現金化することができるのですが、Kyashではそれができません。

もともとクレジットカードの現金化は禁止されているからということもあるのでしょうが、このような機能を切り落とすことで、代わりに2%キャッシュバックというポイント還元を実現しているのかもしれません。

おわりに

今回はKyashのお得さについて紹介しました。

Kyashの2%還元という数字は他のサービスと比べても群を抜いていて、いつまで続くんだろう…と心配になってしまうレベルです。

ですが、この手のサービスはまさに今が正念場で、ここで生き残ったサービスが将来のスタンダードになる可能性が高いです。

Kyashではターゲットとする機能に特化し、周辺の機能やサービスを切り捨てることで、2%という高水準な還元率を維持しているのでしょう。

アプリも出来が良く、利用者の評価も高いことから、割と持続可能なんじゃないかなぁと個人的には思っています。

いろんなサービスが競っているなか、消費者サイドが知らずに損をする(得をできない)ことがどんどん増えています。

そういった情報にキャッチアップしていき、どんどんこのブログで発信していきたいと思いますので、参考にしてもらえればうれしいです。

あくまで支出を減らすための手段で稼ぐための手段ではありません。無駄遣いをなくすことが一番お得だということを忘れないように!!!

コメント