大還元がたくさん!LINE Payを使うメリット

以前Kyashについての記事を書きましたが、今回はLINE Payの話です。

Kyashを使ってモバイルSuicaをもっとお得に
2019年2月3日から、KyashでモバイルSuicaをチャージした際のポイント還元がなくなりました。KyashはApple Payにも対応していないので、一気に使い勝手が悪くなってしまいました、残念です。みなさんはKyashというアプリ...

LINE PayもKyashも似たようなもので、競合サービスであると言えます。

前回は何も考えずに日頃の支払いで使うのであればKyashの方がお得で使いやすいという話をしましたが、LINE PayにはLINE Payのお得な使い方があるので、今回はそれを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

LINE Payの特徴

Kyashとの対比が中心になりますが、実際に使ってみて感じた特徴は以下の通りです。

ユーザが多い

これは非常に大きいですね。

私の周りもそうですが、LINEを使っていないという人はほとんどいないのではないでしょうか。

一方で、ただのメッセージツールとしてしか使っていなくて、LINE Payは使っていないという人がかなりを占めていると思います。

スタンプを買っている人は多く、LINEコイン自体は知っていると思うのですが、そのほかの仕組みは分からないという人が多いです。

この大量のユーザにLINE Payが浸透していけば、飲み会の割り勘など、あらゆる場面の支払い、送金に利用ができるようになり、大きな優位性を持つことになりますね。

LINE以外でも利用できる

KyashはVISAカードとして利用が可能でしたが、LINE PayはJCBカードとして利用が可能です。

基本的にはプリペイド式のクレジットカードと思ってもらえればOKです。

オートチャージ機能は弱い

LINE PayでもKyashと同様、クレジットカードの登録は可能です。

これがややこしいのですが、これはクレジットカードによるオートチャージ機能ではありません

単に買い物をするときに、LINE Payにクレジットカードが入力されていれば、その情報をあらためて入力せずにクレジットカードが使えるというだけです。

そのため、正直クレジットカードをLINE Payに登録するメリットは薄いです。

クレジットカードによるポイント還元を受けたいのであれば、方法はファミマTカードしかありません。

ファミリーマートでは収納代行というサービスがあり、そのサービスでLINE Payにチャージを行うことができます。その際に、ファミマTカードで支払うことで、ポイントの還元を受けることができます。

この還元率は基本0.5%ですが、火曜日と土曜日に限り倍の1%になります。

Apple Payには未対応

残念ながら、Kyashと同様にApple Payには対応していません。(2018年11月現在)

つい先日、QuicPayに対応したというニュースを見て一瞬期待したのですが…Androidでは利用可能ですがApple Payではまだだめでした。

Kyashの時に紹介した方法と同じく、LINE PayでモバイルSuicaにチャージして使うことは可能です。

ポイントは最大2%還元

前月のLINE Pay利用金額に応じて、ポイント還元率が決まります。

最大である2%の還元を受けるには10万円以上利用する必要があり、ここまで行く人はあまりいないのではないでしょうか。

この点、無条件で2%還元されるKyashとは大きな差があります。

これは逆にLINE Pay利用者が増えたことの裏返しなのかなぁとも思います。

利用者を増やすためにポイント還元を高くしていたけれども、増えてきて維持が難しくなったということではないでしょうか。

Kyashもいつ還元率が変わるかわかりませんし、この手の情報は競合サービスとあわせて確認していかないとお得な情報を見逃してしまいますね。

似たような名前が多い

ホント分かり辛いんですよね、これ。

似たような名前がたくさんあります。

  • LINE Pay
  • LINE Cash
  • LINE Money
  • LINEコイン
  • LINEポイント

LINE Payはサービスの名前で、その形式にLINE CashとLINE Moneyがあります。

LINE Cashは利用可能額等が限定されているお手軽版で、LINE Moneyはその辺の制限が解除されているバージョンだと思ってもらえれば良いです。

LINEコインはLINE内でスタンプを買うときなどに使える仮想のお金で、120円で50コイン、960円で500コインといった具合で、アプリ内課金の形で購入が可能です。

LINEポイントはLINE Payを使ったり、LINEショッピングを使ったりと、LINEのサービスを利用することで還元されるポイントです。

1ポイント1円として、LINE Payにチャージしたり、スタンプの購入に使ったりすることができます。

LINE Payのお得な点

この特徴を見ると、なんだ、Kyashの方がシンプルでお得じゃないかと思われるかもしれませんが、LINE Payには1つ、大きな特徴があります。

それは、定期的にポイント還元率をあげるキャンペーンや、他社のサービスとの連携キャンペーンが実施されるということです。

例えば、今(2018年11月25日)ですと、

  • 11月24日~11月30日でLINE Payで支払った金額の10%が還元(最大1,000円)
  • モンテローザグループ(白木屋、魚民など)のLINE Pay導入記念で利用金額の10%が還元(最大2,000円)

などがあります。

この辺はLINEというメッセージツールの利点を活かして、LINE Payのアカウントからキャンペーンの情報が定期的に配信されてきます。

還元は最大○○円までという制約があって、大抵1,000円~2,000円くらいまでの還元ですが、実際にクレジットカードで1,000円ポイントを貯めようとするとカードにもよりますが100,000円は使わないといけないので、それが10,000円で1,000円つくと考えるとお得さが分かると思います。

また、期間限定ではありますが、2018/8/1~2019/7/31にかけては、QRコード決済でもれなく3%のポイントが付与されます。

対象の店舗のバリエーションが弱いの残念ですが、これから少しずつ増えていくでしょうし、非常にお得だと思います。

終わりに

Kyashと比較して、LINE Payは日ごろの支払いにはちょっと弱いですが、ポイントアップのキャンペーンについては、圧倒的に他の類似サービスを凌駕しています。

スマホにLINEをインストールしていない人はほとんどいないでしょうし、一度登録してキャンペーンの情報を眺めてはいかがでしょうか。

LINEショッピング、LINE MUSIC、LINEデリマなど、LINE Payを使うことで圧倒的にお得になるサービスが多方面で展開されていて、LINE経済圏が着々と構成されているのを感じます。

LINEのIDを持っていればすぐに試してみることができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント