最大26%還元!Payトクの活用術

LINE Payによる支払いで20%還元というキャンペーンが始まりました。

PayPayの20%還元が終わったこのタイミングで、狙い澄ましていたかのようですね。

LINE Payについては以前記事にまとめましたが、今回はその時あまり触れていなかったQRコード決済の観点でどのくらいお得かを紹介したいと思います。

大還元がたくさん!LINE Payを使うメリット
以前Kyashについての記事を書きましたが、今回はLINE Payの話です。LINE PayもKyashも似たようなもので、競合サービスであると言えます。前回は何も考えずに日頃の支払いで使うのであればKyashの方がお得で使いや...
スポンサーリンク

ポイント還元率

結局のところ、これがすべてなので、まずは還元率がいくらになるかを見ていきたいと思います。

  1. マイカラー基本ポイント    0.5%~2%
  2. コード支払い促進キャンペーン 3%(2018年8月1日~2019年7月31日)
  3. LINE Payへのチャージ      0.5% or 1%(ファミマTカード限定)
  4. Payトクキャンペーン      20%

ということで、最大26%の還元を受けることが可能です。

もちろんこれはとことんポイントを追求した場合で、この条件を普通に満たすのはちょっと難しいです。

まず1についてですが、LINE Payでは前月の利用額に応じてポイント還元率が変わり、最大の2%を得るためには前月10万円分の決済を行う必要があります。

3はファミリーマートの収納代行サービスを利用し、ファミマTカードで支払った場合に付与されるポイントです。

こちらの還元率は基本0.5%ですが、火曜日と土曜日に限り倍の1%になります。

4については言わずもがな、期間限定で、この記事を作成した時点では2018年12月14日~12月31日となっています。

個人的な感覚ですが、現実的に行くと1、2、4の合計で、

0.5% +  3% + 20% ⇒ 23.5%

くらいが誰でも受け取れる還元率かなぁと思います。

注意点

Payトクの注意点ですが、受け取れるのは最大で5,000円ということです。

1回の買い物の還元額ではなく、期間中の還元額の合計というところに注意です。

そして、LINE Payカードによる支払いは対象外で、オンラインでのLINE Pay決済とQRコード決済に限定されています。

おわりに

LINE Payの20%還元はPayPayのキャンペーに続き衝撃的な数字ですが、最大5,000円というキャップを掛けることによって、長期間、制限なし(PayPayではキャンペーンの還元額100億円まで)で実施することが可能になっていると思われます。

また、Payトクの宣伝には、以下の記載があり、20%が維持されるかはわかりませんが、キャンペーン自体は毎月実施されるのではないかと思われます。

LINE Payの大型還元祭Payトクは定期で開催中!
毎月おトクなこの期間、この機会にLINE Payのある生活を体験してみてくださいね。毎月の開催期間は、LINEでお知らせします!

以前の記事で紹介したとおり、LINEは定期的に様々なショップと提携して実施されるキャンペーンの還元率が非常に高く、それを見逃さなければ非常に有効な支払い手段です。

一方で、使えるお店が少ない、キャンペーンがないときの還元率は0.5%と控えめなことから、いちいちキャンペーンの有無なんて調べてられない!という人にはあまり向いていません。

2018年12月21日から、LINE payがビックカメラでも使えるという発表がありました。20%還元のタイミングで使えば最大5,000円までかえってくるので、悪くはなさそうです。

そのような場合には、Kyash、またはKyashでチャージしたSuicaによる支払いが、普段使いには一番向いています。

Kyashを使ってモバイルSuicaをもっとお得に
2019年2月3日から、KyashでモバイルSuicaをチャージした際のポイント還元がなくなりました。KyashはApple Payにも対応していないので、一気に使い勝手が悪くなってしまいました、残念です。みなさんはKyashというアプリ...

また、20%還元が終わって下火になっているPayPayですが、Kyashとの合わせ技で、支払い対象店舗では3.5%と非常に高い還元を受けることが可能です。

キャンペーン終了後もお得!PayPayの本当の魅力
なにかと話題のPayPayですが、私もお世話になってしまいました。20%OFFだからと飛びつきたい気持ちもあったのですが、特に欲しいものもなかったので様子見していました。お得だからと言って無理して余計な買い物をしてしまっては本末転倒...

手軽さ、還元率を見比べて、自分のスタイルにあった支払方法を選択していきましょう。

コメント