投信の積立がプラス1%?楽天証券の逆襲

一昨日(2018年8月28日)のニュースですが、楽天証券で楽天カードを使って投信を買えるようになるとのことです。

月に5万円までという上限があるものの、これってかなりすごいことだと思います。

少なくとも積立NISAの金額分は十分カバーできるわけです。

付与されるポイントは購入金額の1%で、通常の楽天スーパーポイントなので特に期限もないようです。

この付与されたポイントをそのまま翌月の投資に充てることも可能です。

これって、単純に投信の積立額が1%上がるということと同義です。

積立投資で複利効果を狙っている人には、更に上積みを期待できるようになりました。

ポイント還元額も含めて複利効果で育てていくことができます。

これまで、SBI証券と楽天証券は手数料、ラインナップともに良い勝負でした。

私がおすすめしている株価指数CFDが楽天証券にはないことと、SBI証券の方がポイント還元率(SBIポイント)が若干良かったこともあり、SBI証券を推していましたが、投信の積立だけに着眼すれば楽天カードと楽天証券の組み合わせが圧倒的になりました。

もちろん月々5万じゃ全然足りないよという人にはそこまで効果はないかもしれませんが、それでもないよりははるかにましです。

ここまで来ると、楽天銀行、楽天カード、楽天証券、楽天Rebates、すべてを使って楽天スーパーポイントに一元化する気になってきますね。

だんだんと楽天のエコシステムが出来上がってきています…そう考えると最大年間6,000円分のポイントで楽天が得られる顧客やそのデータは計り知れないものになるでしょう。

さて、私はどうしたかというと、楽天証券で「eMAXIS Slim国内株式」を毎月5万円ずつ積み立てることにしました。

確定拠出年金も積立NISAも先進国株式でやっているので、ちょうど分散させる良い機会だと思い国内株式のインデックスファンドにしました。

TOPIXは現在かなり高値圏にあるのでちょっとタイミング的にはいまいちかもしれませんが、10年や20年スパンで見ればいずれ値下がりした時にも買い増せるので最終的にはそれなりの利回りになっていると思います。

少なくとも銀行に預けるよりははるかに…

この楽天カードのポイント付与対象ですが、通常の口座や積立NISA講座だけではなく、確定拠出年金口座(iDeCo)も対象です。

投信の積立であれば楽天証券の優位性が大きく上昇しました。

楽天についてはショッピング等も含め、完全に経済圏が出来上がっているので、そこにどっぷりつかることでかなりのポイント還元を受けることができます。

むしろ、楽天証券で積立をするために楽天カードを作った方が良いくらいです。

用途が限定されていればクレジットカードが増えても管理には困りませんからね。

通常の楽天カードであれば年会費もかからず、この手の用途には最適です。

楽天カード

普段から楽天にお世話になっている人は、投資を始めるならぜひ楽天証券を使ってみてください。

楽天証券

コメント