Tポイントで投資体験、SBIネオモバイル証券のメリット・デメリット

2019年4月から開業したSBIネオモバイル証券

Tポイントが使えるということを売りにしていて、スマホに特化したサービスです。

ちょっと広告を見かけて気になっていたのと、ちょうど現物株を買ってみたいと思っていたこともあり、さっそく試してみました。

ちょっと使ってみた感じですが、

  • 投資の体験をしてみたい
  • Tポイントが余っている
  • 少額で短期売買をして遊んでみたい

という人向けのサービスですね。

逆に、

  • 長期でしっかりとした積立を考えている人
  • 本格的なデイトレードを志向している人

には向いていないと感じました。

少額投資については非常にお得なサービスとなっていて、手数料も圧倒的に安いです。

スポンサーリンク

メリット

少額投資が可能

株式に投資する場合、銘柄ごとに最低の売買単位が決まっていて、大抵100株や1,000枚となっています。

SBIネオモバイル証券では単元未満株という形で、その売買単位より小さい、1株ずつの投資が可能となっています。

単元未満株自体は楽天証券やSBI証券でも買えるのですが、後段で説明する通り、手数料面ではこちらの方が圧倒的にお得と言えます。

Tポイントが使える

ポイント投資と言えば楽天証券が既に楽天ポイントによる投信積立等に対応していますが、Tポイントを利用できるのはそれに負けないメリットがあります。

Tポイントの溜まるサービスは非常に多く、溜めたポイントを何に使うか考えながら眠らせている人は多いと思うのですが、そのようなお金を株式等と交換して資産運用を楽しむことができます。

もちろん株価が下がれば損をしますが、上がれば利益が出ますし、配当をもらうこともできるので、Tポイントだけで資産運用の一端を味わうことが可能です。

Tポイントで投資できるからリスクゼロと書かれているのを見かけましたがそんなことはありません。Tポイントだってお金と同じなのですから、金融商品を買っているという意識を持って勉強していきましょう。

手数料は段階ありの定額制

SBIネオモバイル証券の売買手数料は以下の通りとなっています。

合計金額がリミットを越えなければ何回売買を行っても手数料は固定です。

月間の約定代金合計手数料(月額)(税抜)
0円~50万円200円
50万円~300万円1,000円
300万円~500万円3,000円
500万円~1,000万円5,000円
以降は100万円増えるごとに手数料が1,000円増えます

ネット証券で代表的な楽天証券、SBI証券の場合、ちょっと料金体系が違って1注文あたりの手数料となるのですが、

月間の約定代金合計手数料(月額)(税抜)
0円~5万円50円
5万円~10万円90円
10万円~20万円105円
20万円~50万円250円
以降は各証券会社のHPを参照してください。

となっていて、少額(数万円)の約定を繰り返す場合や、50万円弱の売買を数回程度であればSBIネオモバイル証券の方が手数料的にはお得です。

また、前述の単元未満株については、購入時に0.5%、売却時に300円など、それなりの金額がかかるため、単元未満株を対象とした少額投資に限って言えばSBIネオモバイル証券の手数料は圧倒的に安いといえます。

ですが、毎月50万円規模の売買をするのであれば、後述のNISA等の制度も利用できるので、やはり楽天証券やSBI証券を利用した方が良いでしょう。

なお、最低でも月額200円(税抜)がかかりますが、毎月Tポイントが200貰えるので、実質的にかかる手数料は消費税分だけになります。

ここでもらえるTポイントはSBIネオモバイル証券でしか使えないTポイントなので、イメージ的には最低でも200円は毎月投資するという感じですね。

デメリット

株主優待を得るにはそれなりの投資が必要

単元未満株の保有者に対しても株主優待を実施している企業はほとんどありません。

株主優待を得るためには単元(100株や1,000株)以上の枚数保有する必要があり、Tポイントだけで到達するのは難しいです。

一方で配当は受け取れるため、単にTポイントを寝かせておくよりは遥かにお得です。

NISAやiDeCoは使えない

NISA(or積立NISA)やiDeCo(確定拠出年金)の制度を利用することで、投資で得た利益をある程度まで非課税にすることが可能なのですが、SBIネオモバイル証券ではNISAやiDeCoの口座を作ることはできません。

将来的には検討をしているとのことですが、当面は導入はされないのではないかなぁと思います。

最適な使い方

少額投資で売買益を狙う

月々20万円までの約定までは手数料が200円で固定なので、1万円くらいの売買を繰り返して、値上がりによる利益を狙うのに向いていると言えます。

また手数料として毎月200円払う代わりにTポイントを200ポイント貰うことができるので、それをどこまで増やせるか調整してみるのも面白いですね。

ETFに積み立てる

もし積立を考えているのであれば、株価指数(TOPIX等)に連動するETFがおすすめです。

興味のある銘柄があれば個別の株式でも良いですが、株価指数に連動するETFであれば複数の業種の異なる株式に分散して投資していることになるので、自然とリスクが分散されます。

もちろん配当も受け取れます。

また、単元未満株では受け取れない株主優待についてですが、ETFであれば発行体がETF購入者全員分の株式を持っていることになり、代わりに受け取っています。

発行体は受け取った株主優待を換金してETF購入者に還元(価格に反映して含み益とする)するため、単元未満株しか買えないような金額でもETFであれば株主優待の恩恵を一部でも受け取ることが可能なのです。

おわりに

SBIネオモバイル証券の特徴についてまとめました。

口座の開設から投資まで、非常に簡単で分かりやすいので、興味がある方は試してみてはいかがでしょう。

逆に簡単すぎて、分析情報等はほとんど載っておらず、詳細な情報を調べながら本格的な投資を行うのには向いていないため、そのような場合は楽天証券やSBI証券などの通常のネット証券が良いと思います。

また、何もせずに放置してしまうと毎月手数料200円がかかってしまいますので注意が必要です。

しばらく売買をしないのであれば設定から口座の一時停止を行うことができるので、忘れないようにしましょう。

こういったサービスをきっかけにして、投資に興味を持ってくれる人が増えてくれればうれしいです。

コメント