ちょっとしたプレゼントに最適!スターバックスカード

その他

スターバックスカード、存在自体は知っていたのですが実際に使ったのは割りと最近です。

職場の後輩からこれで時間つぶしててくれと言われて渡されたのですが、確かにこれ何かと使い勝手良さそうだなぁと思いました。

だってスターバックス嫌いだって人、あんまりいないじゃないですか。(コーヒーが苦手って人はいるでしょうけど…)

後輩ちゃんにならって使いまわすもよし、プレゼントするもよし。

ということで、スターバックスカードについて、主にプレゼント方法をまとめました!

スポンサーリンク

種類

キーホルダー型のスターバックスカード(カード?)があった気がしたのですが、調べてみたらもう売っていないようです。

ヤフオクやメルカリで2万円以上する模様…

ということで現実的なのはカードタイプのみ。

カード自体は無料で、発行時に最低1,000円チャージしないといけません。

スタバのレジで店員に言えばすぐに発行してもらえます。

カードは様々なデザインのものがあり、季節限定デザインや店舗限定デザインもあるので、きっと自分の好みのものが見つかるでしょう。

カード登録

My Starbucks会員に登録していると、そこにスターバックスカードを登録することができます。

My Starbucks会員はスター(ポイントのようなもの)をもらえたり、ウェブサイト上での残額チャージ、クレジットカードを使ったオートチャージ化ができます。

また、My Starbucks会員に登録し、そこに紐づけたスターバックスカードを使うことで、ワンモアコーヒー(同じサイズ、種類のコーヒーのおかわり)が100円になります。

通常だと150円なのでお得ですね。(昔は無条件で100円だったのですが…)

アプリと連携

購入したスターバックスカードはそのままでも使えますが、スマホアプリと連携することでもう少し便利になります。

基本的にはWeb上で出来ることがアプリで出来るだけですが、デジタルカード機能により、登録したスターバックスカードが手元になくても、スマホだけで支払いが完結します。

また、貯まったポイントによる割引券の発行もアプリからできます。

使いたいチケットを選択してバーコードをお店で読み取ってもらうだけです。

プレゼント

プレゼントには2パターンあります。

ひとつがカードそのものをプレゼントする方法、もうひとつがWebもしくはアプリ上から仮想のカードを送る方法です。

実カードをプレゼント

これは分かりやすいですね。

発行してもらったカードを渡すだけです。

お願いするとプレゼント用にラッピングもしてくれます。

いくらチャージしておくかは気持ち次第…

Webやアプリでプレゼント

「Starbucks eGift」というサービスがあって、メッセージを添えた仮想のカードを相手にプレゼントできます。

メールやLINE、Facebookに送ることができ、受け取った側はそのカードについているバーコードの画像をレジで見せることで500円分のチケットとして利用することが可能です。

金額は500円と少額ですが、その分いろんなシーンで手軽に使えます。

おわりに

基本的にプリペイド式の商品券なので、自分で金額を決められますが、あまり高額をチャージするくらいなら他のプレゼントを考えた方が良いかなぁと思います。(最大3万円だそうです)

それよりも軽く感謝の気持ちを伝えたいような場面の方が出番は多いです。

また、以前参加した結婚式ではウェルカムカードに添えられていて、すごいおしゃれでした。

お見送りの時に渡す人なんかもいるそうです。

「Starbucks eGift」なんかはメールやLINEなどの連絡先を知っていれば簡単に送ることができるため、ちょっとしたプレゼントやお返しにもピッタリです。

自分で使うのにも、プレゼントにも便利なスターバックスカード、最低1,000円チャージすれば発行してもらえますので、試してみてはいかがでしょう。

コメント