投資信託分配金のメリット・デメリット、違いを理解して適切な選択を

この記事でも投資信託の積立投資の実績を紹介していますが、投信って分配金ある方が良いんですか?という質問を受けたので、今回は分配金について書きたいと思います。

貰えるものは貰っておきたい

決して分配金のない投資信託がケチっていう訳じゃないからね!

ちなみに私が投資している投資信託(インデックスファンド)では分配金が支払われた実績がなく、すべて投資信託内で再投資されています。

分配金についてはあるなしに優劣があるわけではなく、投資の仕方に応じて使い分けるものです。

スポンサーリンク

分配金のメリット

やっぱりお金をもらえると利益が出た!って実感できる

利益として確定したからこそ選択肢が広がるのが一番のメリットだね

利益を確定できる

そこで受け取った分配金は現金ですので、相場によって上がることも下がることもありません。

いわゆる実現益となり、その後の市場リスクからは切り離されます。

自由に使える

分配金として分配されない場合、投資信託内の収益(インデックスファンドであれば株の配当)はそのまま再投資されます。

一方、分配金として受け取ったお金は、同じ投資信託に追加投資もできますし、全く別の投資信託を買うことも、債券を買うこともFXに投資することもできます。

このような次の用途としての選択肢の多さが分配金の大きなメリットです。

分配金のデメリット

貰って困ることなんてあるの?

貰って困るというよりは貰わないことで得られるメリットもあるって感じかな、再投資したい場合は特に

確かに自分で再投資するのは無駄が多そう

とはいえ新しい商品に投資できたりと楽しみが多いのも確か!

税金がかかる

分配金にはもちろん税金がかかります。

分配金を同じ投資信託に投資する場合は税引き後の分配金を再投資にまわすことになるため、分配されずに投資信託の中で再投資される場合よりも効率が悪くなります。

また、再投資には買付手数料もかかります。

最近は買付手数料等が無料(ノーロード)の投資信託もあるので、こちらはそこまで気にしなくても良いかもしれません。

手間がかかる

受け取った分配金を再投資するにしろ生活費にするにしろ、放置プレイはできません。

分配金自体は源泉徴収されているため、そのままでも大丈夫ですが、総合課税にしたい場合や損益通算したい場合は毎年確定申告が必要になります。

分配金が投資信託内で再投資されているのであれば最後の解約時の1回のみで大丈夫です。

特に再投資を考えている場合、仕事をしながら空き時間で投資しているような人はちょっと面倒かもしれません。

投資の状況を把握しづらい

分配金が支払われると、もちろん投資信託の資産総額は減少します。

そのため、資産総額の減少が相場の下落によるものなのか、分配金によるものなのか、はたまた運用が下手だからなのか、見分けることが難しくなります。

その点、ベンチマーク(目標)となるTOPIX等のインデックスに対する成績だけを気にしていれば良い分配金なしのインデックスファンドは状況の把握が楽です。

おわりに

結局のところ、メリットもデメリットもあり、投資の仕方に応じて使い分けることが大事であると言えます。

分かりやすいところでいくと以下のようなイメージでしょうか。

分配金ありが向いている人分配金なしが向いている人
  • いろんな商品に再投資したい
  • 分配金の用途が決まっている
  • 少しでも投資効率を上げたい
  • 放置プレイしたい

いずれにせよ、自分でゴールイメージを持って投資することが大事なのは変わりません。

  • 〇〇年後に××円以上積み立てる
  • 年間の分配金を〇〇円以上もらう

などなど、しっかりと目標を立てて積み立てていきましょう。

どの場合でも投資は早く始めれば始めるほど良いと言われています。

特に複利効果はかけた時間が長ければその分だけ、どんどんと大きくなっていきます。

出口戦略を考えるうえでも、早く始めた投資ほど撤退にかけられる時間も長くなるため有利であると言えます。

国としても、時間をかけた資産形成を推奨していて、それを後押しする制度があり、税制面でかなり優遇されています。

年間40万円までなら誰でも非課税!積立NISAのすすめ
これまで投資に関する記事を書くとき、いつも積立NISAをおすすめの商品にあげながら、積立NISAについての紹介記事がなかったので、今回は積立NISAを紹介したいと思います。積立NISAは2018年1月からはじまった制度で、比較的あた...
確定拠出年金のメリット・デメリット|損得を見極めるポイントとは
以前も少しふれたことがありましたが、今回は確定拠出年金のメリット・デメリットについて書きたいと思います。確定拠出年金は、国民年金に上乗せされる厚生年金、その上にさらに3段階目として上乗せされる部分のことで、似たようなものに確定給付年...

これらの制度は大抵の証券会社で利用することができますが、私は楽天証券をおすすめしています。

以前の記事でも紹介しましたが、楽天証券では投信を楽天カードで購入することができます。

投信の積立がプラス1%|楽天証券と楽天カードでお得に積立
一昨日(2018年8月28日)のニュースですが、楽天証券で楽天カードを使って投信を買えるようになるとのことです。 月に5万円までという上限があるものの、これってかなりすごいことだと思います。 少なくとも積立NISAの金額分は十分...

月に5万円までは楽天スーパーポイントの付与対象となるため、積立NISAをすべてポイント還元の対象とすることができ、実質積立額が1%増加するようなものです。

20年スパンで見るとかなりの違いになってくると思います。

楽天証券

このブログで紹介している積立NISAや確定拠出年金、株価指数CFDはどれも長期の積立投資を前提としていて、時間をかけて高値掴みを避け、仕事をしながらでもこつこつと投資できること目標として設計しています。

その分、最初の設計が非常に大事で、今回紹介した分配金の有無、ある場合の用途についてもしっかりと考えておく必要があります。

これからも役立ちそうなネタがあればどんどん記事にしていきますので、気になる内容があれば問い合わせフォームやコメントから言ってもらえればと思います。

この記事がみなさんの資産形成の助けになればうれしいです。

コメント